契約者貸付制度を利用して生命保険会社からお金を借りる2つのメリット

加入している生命保険の解約返戻金を担保にする契約者貸付制度を利用する事で生命保険会社からお金を借りる事が出来ます。

しかし契約者貸付制度を利用して生命保険会社からお金を借りるとどのようなメリットがあるのか分からない人も少なくないでしょう。

 

そこで契約者貸付制度を利用して生命保険会社からお金を借りるメリットを挙げていく事にしましょう。

 

・消費者金融に比べて金利が低い

契約者貸付制度を利用して生命保険会社からお金を借りる時でも金利が発生するので利息が加算されていきます。

しかし消費者金融に比べて金利が低く設定されているので加算される利息が少なくなります。

 

消費者金融の金利は18%に設定されていますが、生命保険の契約者貸付は金利が5~8%なので返済総額が大幅に少なくなりメリットになります。

 

・返済期日が決まっていない

消費者金融でお金を借りる時は返済期日が決まっているので毎月返済していかなければいけません。

それにより返済に追われて生活が苦しくなってしまうデメリットもあります。

 

しかし契約者貸付制度を利用して生命保険会社からお金を借りる時は返済期日が決まっていないので余裕がある時に一括で返済する事が出来ます。

また自分のペースで分割で支払う事も可能なので返済に追われる事がなくなります。

 

しかし支払いしなければいけない金額の規定がある生命保険会社もあるので事前に確認しておく必要があります。

 

契約者貸付制度を利用して生命保険会社からお金を借りるメリットはこの2点になりますが、長期で借り入れをしていると返済が大変になる事もあるので注意が必要です。